うつ病の改善には投薬治療が欠かせない【薬の特徴を知っておこう】

鬱を治して楽しく過ごそう

併せることの意味

治療薬

用いる治療法も様々

脳神経生理学的な研究は進み、作業記憶の向上をはじめ、精神活動を担う前頭前野や帯状回など、機能を向上する治療が進んでいます。心理的ストレスがきっかけとなり、感情やHPA系の興奮、神経細胞に負担が加わることでうつの症状が現れますが、全ての領域で変調が回復するには抗うつ剤も必要です。薬物療法や精神療法を行っても、うつ症状が改善しない場合には、難治性うつ病と診断されることもありますが、重症度を示すのではありません。一般的に、少なくとも2種類の抗うつ剤を1種類ずつ必要十分量、各々半年以上用いても改善しないなどの場合に難治性と診断されて、再度診断や治療法が見直されます。精神科では精神療法を試みますが、難治性うつ病の場合には、身体療法と抗うつ剤を用いる薬物療法の2つの方法が行われるのも特徴です。その中で最も使われているのが、甲状腺ホルモン剤で、食物から摂取した三大栄養素の代謝を促すのが甲状腺ホルモンですが、脳の神経伝達物質の作用にも関わっています。そのため、抗うつ剤と併用すると効果が高まることがある他にも、やる気や意欲を生み出すドーパミン作動薬などが用いられることもあります。難治性うつ病では、身体療法と平行して取り入れられており、とかく通電療法は近年、難治性に対する有効率が7割程度と高く、再評価されています。なお、通電療法は難治性うつ病だけでなく、重度であったり、高齢者や持病のために抗うつ剤を服用できない患者にも受けることのできる点も支持されています。その他、再発予防を含め、薬に頼りたくない相談は医療機関では可能で、その際には同じ効果がある治療へ切り替えてくれますが、その1つが有酸素運動です。心の病気は、身体と心の働きがアンバランスになって起こるもので、これを解消するにも、薬だけの治療と比べ、運動を取り入れた方が完治率が高まることが報告されています。また、毎日ジョギングすると、薬と同じくらいの効果があることも分かっていて、海馬に新しい神経細胞が生まれることが明確化しています。患者の症状によって治療は異なり、薬物療法においても、不足を補うために多種多様な薬が併用されますが、その1つに抗不安剤が処方されることも少なくありません。向精神薬の1つで、抗うつ剤の効果が現れるまでの間、症状を少しでも楽にするために併用されるのが一般的で、不安や緊張を和らげる目的で役立っています。その他にも保険適応外ですが、浮き沈みのある精神状態を平らにする気分安定薬も、抗うつ剤の効果を高めために併用することがあります。

女の人

根本的な治療の補助

うつ病の治療では、根本的な原因であるストレスや悩みの解消を目指す中で、心や身体の症状に対症療法的に薬を使っていきます。日常生活への支障を和らげ、ストレスがかかっても症状が出ないことで治療を進めていくことができます。

もっと見る

医師

誰でも安心して治せます

主に神経伝達物質への干渉で治療していく抗うつ病薬品は、医師の診察によってさらに的確な治療ができるようになります。費用は全体的に1か月の服用で5000円以下の価格に推移しているので、積極的に医師に相談しうつ病を治療していきましょう。

もっと見る

ハート

元気な心になるには

うつ病はカウンセリングや薬物療法を行なっていきますが、薬を選ぶには処方されているものの特徴を把握したり、今出ている症状などを把握してドクターに伝えてより自分に合ったものを選ぶことが大切です。家族に管理など協力してもらうのも良いでしょう。

もっと見る

治療薬

安全性の高い服用

うつ病患者にとって、薬物療法では医師の指示で進めることが大事で、慎重に量を追加したり、他の治療法を見直してくれます。服用する量が増えたからといって、病気が悪化しているワケではない点や、副作用の少ない薬が効率よく使われているのも特徴です。

もっと見る