うつ病の改善には投薬治療が欠かせない【薬の特徴を知っておこう】

レディ

誰でも安心して治せます

医師

神経に干渉できます

症状によって使用する薬には違いがあり、特に抗うつ病の薬は心の病気でもあるため複合的な視点から治療する薬品が多くあります。ルジオミールを始めとする四環系に分類される抗うつ病の薬品は、睡眠が原因でうつ病になってしまった人に人気です。睡眠状況からうつ病の改善を行っていくため他の薬品よりもうつに対する効果を抑え、費用も1か月分で1000円程度に落ち着いています。意欲や気力の回復もできるので、発病の疑いが心配される方にお勧めの薬品でもあります。そして四環系と対を成すように開発されている物が、トラフニールを始めとした三環系に分類される物です。三環系は重度のうつ病に対して効果のある薬品で神経伝達物質の影響を最小限に抑えるため、うつ病で少なくなったモノアミンの減少を防ぐ事ができます。四環系よりも効果があるので費用相場も1か月分で3000円程度に推移していますが、抗うつ病の薬品の中で一番歴史が古く信頼のある物として認知されています。そして三環系と人気を分ける形で存在しているのが、SSRIと呼ばれているセロトニン再取込阻害薬です。SSRIはうつ病の原因になる神経伝達物質への干渉を一部の物質に限定する形で、体への負担を軽くしているので医療機関でも積極的な投薬が行われています。費用は1か月分で2500円程度になっているので、医師に相談し三環系とどちらが自分に最適か把握した上で服用しましょう。SSRIの服用を考えている方はSARIの使用も医師の診察結果によって使用するケースがあります。同じくセロトニンの再取込を防ぐタイプですが、四環系と同じように睡眠を促進させる効果もあるので、複合的な視野から治療を行える魅力があります。費用も1錠50円以下と安価なので、安価にうつ病を治療できる特徴も人気を呼んでいます。さらに四環系も人気を二分する物が存在し、NaSSAと呼ばれているノルアドレナリンとセロトニンに作用する物があります。四環系よりも眠気を発生しやすくする事で効果も高くなっているので、進行度の深いうつ病患者に人気のある物として知られています。費用は1錠40mgで500円程度の相場を確立し、医師の判断で必要な日数分を処方する事になるので服用者によって費用が違っきます。NaSSAで販売と処方が国内で認可されているのは、リフレックスとレメロンのみでどちらも2000年代になってから開発されたため、最新鋭の物としても有名です。販売事例ではリフレックスの方が若干人気がありますが、医師の診察で適切な物を服用し治療に専念していきましょう。