うつ病の改善には投薬治療が欠かせない【薬の特徴を知っておこう】

レディ

元気な心になるには

ハート

ひとりで頑張らない

うつ病はとても辛い病気ですよね。かかった人にしかわからない辛さではありますが、周りまでから限り配慮して少しでも早く改善できるよう協力していきたいものです。うつ病だと思ったらきちんと病院で診察してもらうことが重要です。専門家の知識を借りてひとりで頑張らずに治していきましょう。うつ病の治療はカウンセリングや薬物療法が主になっていきますが、薬の効果はとても大きいですよね。でも薬の選び方について考えたことはあるでしょうか。これから治療の効果を左右する大切なもこですから、ドクターの言うままではなく、自分で選んでいきましょう。薬物療法をはじめて、心が楽になってきたなと感じられればそのまま続けていけば良いでしょう。しかし、あまりにも効果が強すぎて薬の効果が薄まって来る頃に元に戻ってとても辛くなってしまうことがあるでしょう。また、とても眠気が強くなってなにもできなくなってしまったり、そもそも飲んでいても楽になっている気がしないような場合はドクターにその都度現状を説明して薬を選んでいった方が良いでしょう。また薬によってはゆるやかに効果が表れて長く効いていきだんだん薄れていくものと、頓服のように即効性はあるものの効果も早くなくなってしまうものもあります。自分が処方されているものがどちらのタイプか知ることも必要です。知っていれば自分の心の浮き沈みが薬によるものなのか症状なのかもある程度予測することができますし、ゆるやかに効きはじめるタイプであれば、すぐに変化がなくても焦ることはありません。うつ病ではじめて病院を受診する頃は、気持ちがとても沈んでいて、とてもそんなことを聞いている余裕はないかもしれません。心配であればご家族についてきてもらうのもおすすめです。カウンセリングの内容が聞かれたくなければ、色々お話が終わった後治療法の説明や方針を決めていくお話の時にだけご家族に同席してもらっても良いでしょう。飲み忘れがあると効果が左右されてしまうような場合は、はじめからご家族にも気をつけて管理してもらって、きっちりと治療していくことも大切です。ひとりで抱え込んだり頑張りすぎてしまった結果、心が疲れてしまっている状態なので、頼れる人がいる方はぜひ頼っていきましょう。治療する上でご家族の協力は不可欠です。自分では気付いていない変化や治療の効果なども客観的に見てくれるので、ご家族からの意見も病院でドクターに伝えると治療の方針を決めていくのに役にたつかもしれませんよ。