うつ病の改善には投薬治療が欠かせない【薬の特徴を知っておこう】

レディ

安全性の高い服用

治療薬

患者に合った療法

うつ病の薬物療法の中心的役割を担う抗うつ剤は、脳の神経伝達物質をコントロールすることで精神的な症状を改善させる種類の中でも、特に抑うつ症状に働きかけます。現在、日本の精神科・心療内科などで使用できる抗うつ剤は、化学構造や作用機序によって、5つのグループに分類できるもの以外に、どのグループにも属さない2種類があります。これらはいずれも、気分行動に関わる神経伝達物質のモノアミンの中でも、セロトニンとノルアドレナリンの濃度を高めるという共通の作用が挙げられています。副作用が少なく、安全性に優れた抗うつ剤を第一選択薬としますが、軽症例から重症例まで幅広く用いられるSSRIの服用が有効であることが明確化されています。うつ病患者さんの脳内で不足しがちなモノアミンの中でも、セロトニンに選択的に作用し、それでいて、セロトニン以外の神経伝達物質にはほとんど影響を与えない働きかけを担っています。セロトニンが吸収・分解されるのを抑制できることで、セロトニンの働きが増強され、情報がスムーズに伝達される他、不安や落ち込みが強い人に使いやすい薬でもあります。その他、その名が示す通り、化学構造上4つの環を持つ抗うつ剤は、副作用が少ない分、抗うつ効果も若干弱めですが、副作用の出やすい高齢のうつ病患者さんに処方されています。また、眠気を誘う作用があることから、不眠を伴うタイプのうつ病に用いられるのも特徴的で、眠気と食欲亢進の副作用が強く、これらの副作用により服用を中断される人に使用されています。またその他に、どのグループにも属さないトラゾドン・スルピリドがありますが、いずれも第一選択薬として用いられるより、抗うつ効果以外の作用を生かした使い方がされています。抑うつ効果に優れ、副作用がより少なく安全なものが開発されていますが、使用する時は、増やしてもせいぜい2種類ですが、原則として1種類で、3種類以上を併用することは稀です。自分に合ったものを見つけるためにも、医師の指示に従って服用しますが、必要十分量を正しく飲むことで効果が得られますし、この必要十分量というのは個人差があります。精神科・心療内科の医師は、最初は少量の抗うつ剤を短期間処方し、効果と副作用を慎重にみながら、継続できそうなら、少しずつ量を増やすといったやり方で探ってくれます。最初の効果が現れても、その人に合った必要十分量に達するまで、量を調節していく期間を考えると、3週間から4週間の継続が大事でもあり、オーダーメイド処方とも呼ばれています。